投稿

9月, 2014の投稿を表示しています

オリンパスからも分離型カメラが

イメージ
パナさんもやっていたらしいですが、オリンパスさんから先に発表されました。
QX1と対抗するMFT規格のカメラです。

Olympus Open Platform Prototype Camera At Photokina 2014
オリンパスがカメラの歴史を変えるレンズ交換式「Open Platform」カメラモジュールを発表!

先日見てきた、SONY QX1との違いは
レンズマウントがMFTである。一応アクセサリーシューがついている。Open Platform ということで、SONYのQXのAPI以上にいろいろ公開されそうである。まだコンセプトモデルでまだまだ入手できない。 ってところですかね。
http://opc.olympus-imaging.com/を立ち上げていますのでこれが盛んになるかしだいですね。


QX10やQX1を使っていて気になることはWiFiがつながりにくいことが多い、繋いでいるときにネットにつなぐことができないってところです。 まあ、このあたりは、PCでRecaconでやれば一応ネット接続ありでのコントロールは可能なのでどっちかというと、アプリ+OSの問題ですね。
それ以外では、やはりOSのカメラとして使えるドライバーの提供でしょう。特殊なこと以外では一番使いやすい。
それと、デザインというかケースというかです。QXシリーズは以外と持ちにくい写しにくいところが あります。これをスマホ、タブレットとの連携でどう改善できるかですね。
SONYは各種クリップやアタッチメント、さらに今回は角度のつけれるものなどいろいろ出してきています。
それに対抗するには、もっといろいろな形状のケースに組み込みやすくするってことじゃないでしょうか?1眼レフ風にかぎらず、もっと様々な形状への組み込みが考えられます。
ただレンズマウントのサイズで制限がありますので、デザインを面白くするにはどうやると良いのかはこれからの発展次第ですね。

SONY ILCE-QX1 見てきました。

イメージ
梅田のソニーストアで、 ILCE-QX1が展示されているというので見てきました。 いまのメインがEOSとμ4/3なので本音をいえばオリンパスかパナから出してほしかったのですが。
一応、QXシリーズの当初より予想していましたスタイルのレンズ交換式です。

前半の普通のデモの写真は撮り忘れていました。そのあたりは普通に紹介されている
日本発売が決定したレンズスタイルカメラ「QX1」速攻フォトレビュー とか ソニーストア大阪で、レンズスタイルカメラ「ILCE-QX1」をいじってみた。(前編)
あたりを見てください。電池まで出すのはわすれていました。

このBlogで、下書きだけして公開していないネタにQX10を入手して、SONY以外のアプリでの動作を検証しているのがありましたが、ちょっと古くなったのでナイショですが、そのときに調べたこともいっしょに書いておきます。
で、まず上のレビューにあるとおりソニーストア梅田の入口のところにQX1, QX30と並んでいましたが最初にはいったときは通りすぎてしまいそうな感じでした。
で、一通りみてから、ちょっと質問。
WindouwsなどPCから動きませんか?
実は、PlayMemories Mobile (PMM) のWindows8版があることは知っていたのですが、これVAIOの64bit Win8でないとストアに現れすらしないというアプリです。いま愛用のVIVO tabなんかで丁度良いのですがインストールすらできません。他の64bit Win8でも現れないのでVAIO縛りが掛かってると思われます。
でも、今日見せてもらってアンドロイド版やiOS版と実はあまり違わないってことがわかりました。多少廻りのメニューの表示が違う程度です。
「今回VAIOがSONYではなくなったのでWindows8版PMMも一般公開されることを望みます。」
といっておきました。

実は上の非公開記事を書いているときに調べていたのが、PCからQXシリーズが動くかという話なのですが、一応SONYからはAPIが公開されているので作成は可能で、実際にあります。
Recacon(リカコン)- REmote CAmera CONtroller
ってのがあります。PC版は動くっていう程度ですが、アンドロイド版は結構高機能です。 今回これもインストールしてあったのですが、使わずじま…