オリンパスからも分離型カメラが


パナさんもやっていたらしいですが、オリンパスさんから先に発表されました。
QX1と対抗するMFT規格のカメラです。

Olympus Open Platform Prototype Camera At Photokina 2014




先日見てきた、SONY QX1との違いは

  1. レンズマウントがMFTである。
  2. 一応アクセサリーシューがついている。
  3. Open Platform ということで、SONYのQXのAPI以上にいろいろ公開されそうである。
  4. まだコンセプトモデルでまだまだ入手できない。
ってところですかね。

http://opc.olympus-imaging.com/ を立ち上げていますのでこれが盛んになるかしだいですね。



QX10やQX1を使っていて気になることはWiFiがつながりにくいことが多い、繋いでいるときにネットにつなぐことができないってところです。
まあ、このあたりは、PCでRecaconでやれば一応ネット接続ありでのコントロールは可能なのでどっちかというと、アプリ+OSの問題ですね。

それ以外では、やはりOSのカメラとして使えるドライバーの提供でしょう。特殊なこと以外では一番使いやすい。

それと、デザインというかケースというかです。QXシリーズは以外と持ちにくい写しにくいところが
あります。これをスマホ、タブレットとの連携でどう改善できるかですね。

SONYは各種クリップやアタッチメント、さらに今回は角度のつけれるものなどいろいろ出してきています。

それに対抗するには、もっといろいろな形状のケースに組み込みやすくするってことじゃないでしょうか?1眼レフ風にかぎらず、もっと様々な形状への組み込みが考えられます。

ただレンズマウントのサイズで制限がありますので、デザインを面白くするにはどうやると良いのかはこれからの発展次第ですね。

 

コメント

このブログの人気の投稿

Windows 10 1803 アップデートでまた指紋認証がダメになって、修復成功