投稿

2月, 2018の投稿を表示しています

SanDisk SSD Ultra 3D 2TB ② USB 3.1 Gen2 RAID ケース RAID 0モード

イメージ
SAS2308でのRAID 0でのベンチをしていたように今回 SanDisk 3D SSD 2Tは2枚買ってあります。ついでに、ASM1352RをつかったRAIDケースも購入しました。


RAIDケースはファームが最新のものがあった、GLOTRENDS 2ベイUSB-C 3.1 Gen2 10 Gbps ハードディスクケース を買ってみました。2.5inのディスクが2枚入るものです。


本体はプラスチック製で、アルミのカバーがつく恰好です。写真の様に小さいですがスタンド用の脚もついています。補助電源用USBケーブルがついていますが、SanDisk 2D SSD 2T 2枚補助電源無で動作しましたので結構便利です。


ファームウェアはここからダウンロードした、25R-C-Firmware-Upgrade-Package-for-Windows_20180208.zipに含まれる170505_B5_27_81.binでアップデートしてあります。おなじDLサイトから35R-CのもDLできますがバイナリコンペアしてみましたが、同一のものです。



UASモード動作での動作を確認してベンチをとってみました。

JOBD動作(他社のように2つのドライブが1つになるのではなく、2つのSingleドライブとして認識します。)


 ドライブをそれぞれベンチしてみましたが、ほぼ同じ値です。
で。スイッチをおして5秒まちRAID 0のLEDが点灯した後に領域確保を行いベンチを
とってみました。


Readが遅いです。まだファームが悪いのでしょうか?念のためロシアサイトからDL可能なB5ファームの古いもの161202?B5_20_08にもダウングレードしてみましたが、


こちらだと話にならない位遅い値になります。

ついでに、ここのところの元凶だったASMedia Driver 1.16.38.1 による動作


なぜか、SequentialモードだけはRAID0それらしい値になります。こちらも古いファームだと。

これも新しいファームのほうが速いですね。

SAS2038でのRAID 0だと、

このくらいでているので、せめてこれの8割位の値が出ないとRAID 0で使う意味が
なさそうです。

一応、

外付けでHDD/SSDを快適運用できるUSB3.1 Gen2対応の玄人志向「ACX2」シリーズ
ASUSのプロトタイプで…

SanDisk SSD Ultra 3D 2TB ①

イメージ
USB3.1 Gen2 ケースの結果訂正しました。UASモードでありませんでした。

評判の良いSanDisk SSD Ultra 3D 2TBを買ってみました。

とりあえず、SAS2308のポートに取り付けてベンチマーク



SAS2308はハードウェア RAID構成ができるのでとりあえずRAID 0でベンチしてみました。




なかなか快適な数字です。

ちょうど、これが届いた直後あたりに、Micron 2TB TLC SSD 2.5インチ SATA3 MTFDDAK2T0TBN-1AR1ZABYY が39800で大量にでていたのでかなり失敗したとおもっていたところです。
こっちなら同じ金額で3-4台買えたのでかなり残念。

=======以下訂正しました=====

USB3.1のカードのドライバーがいつのまにか、UASモード対応でないASMedia製のものに変わってしまっていました。そのためいくつかのベンチが遅くなっていたようです。

ベンチにはplugableのUSBC-SATA24を用いました。



まず、買ったままで刺してベンチをとりました。
このときのASM2142採用 PCIex USB3.1 Gen2 カード Startech PEXUSB311AC2 ドライバーは
です。
遅い。調べるとUAS対応でないことがわかりました。
ドライバーをMSに切り替えて

あれ、Writeが遅い
RATCのケースと同じチップのはずなので。ファームを調べると
ファームは150708b10a01でした。

みつけてある、最新の161028_B1_26_80に更新
やっと全うな値になりました。

ちなみに、PCIexのASMediaのドライバー16.50.1というのもありますが、
これもUAS対応でなくベンチ結果は、16.38.1とほぼ同じ結果でした。



USB 3.1 Gne2 のケーブルの話 ② 延長や100均のType Cケーブルは

イメージ
このページのベンチ、 PCIex USB3.1 Gen2 カード Startech PEXUSB311AC2 のドライバーがUASモード対応でないことが分かりました。(後日更新します。)

前回注文中といっていたケーブルが来ました。
USB 3.1 Gen2 Type Cを延長するケーブル Type C FM



布巻の比較的太いケーブルで、SS10のマークはありません。ただしラベルには10G対応が明記されています。

このケーブルに30cmのType C-C を使いベンチマークです。写真は終わったあとで抜いたときに撮影したものです。


30cmのType C-C ケーブルでの直結の結果が


ですので、遅くなっていません。
これはHubのない現状一本位は手元にあると便利でしょう。
(Randamの値が遅いことは別途記載します、先にケーブルの話をまとめて
しまいました。)


USB 3.0 Type Aから内部 19pinにするケーブル


このケーブルは増設したフロントUSB3.0に接続するためのもので、もともとはNECチップをつかったカードの基盤上のコネクターに接続していました。
ただ、USB3.1では基盤上にコネクターがないので前方にもっていくための苦肉の策です。

まずは、背面に Type A-C ケーブルで接続しての結果


Type C-C でも A-Cでも結果は差がありません。
で、この内部ポート用の延長コネクターをつかってみました。



USB3.0のMAXまでもいっていません、これはダメですね。
USB3.0のHUB経由だと、



うーん。Ratocのケース+プレクスターPX512M5pだと450MB/s位いっていたので別の問題があるのかもしれません。ここは要調査です。

どちらにせよ、3.1 Gen2での動作はしていませんので、せっかくの帯域が生かせません。


Sumsung 960 EVO NVMe SSD を入れてみました ② RAID 0 動作

イメージ
NVMeのアダプターカードは気を付けないとダメというのが前回の教訓です。




で、2枚いれてWin 10 のストライプボリュームにしてみました。





さすがに速いです。
ただ、1枚だけの1.5倍程度にしかなっていません。もうすこし伸びてほしいところ。

ただこのOS RAIDの場合にはCPUを使うのでCPU負荷をかけるとどうしても遅くなります。Prime95で100% CPU負荷をかけるとここまで落ちますが、十分はやいですね。




ちなみに、単体での場合は
負荷前

100%負荷中

というとおり、低下は僅かです。それ以上にRAID 0の負荷時より速い!
まあ、Seq以外はRAID 0にする意味がないという結果です。
RAID0にするくらいなら、2T のNVMeを入手するほうがよさそうです。

2枚のNVMeを同時にBenchした場合。



4Kのランダムがほぼ半分づつになりました。PCIexのスロットを同時に
使っているためだと思います。ちょっと残念な数字ですね。このあたりからも
RAID0が期待したほど早くないっていうことなのでしょう。


ついでに、このシステムでの最速のベンチ結果ですが、ROG RAMDisk 2.03.00
で作ったRAMDISKです。
ただし、RamD32G サイズですので、8Gでベンチとっています。


これもCPU負荷をかけるとかなり低下します。


おおよそ、1/3に低下しています。
といっても、このCPU数をすべて100%使い切ることはないので、
これで十分速いですけどね。

まあ、NVMeは、スロット消費の問題もあるので、とりあえずはSingleでの
運用が良さそうです。

もともと、NVMeを買った本来の目的はNVMeからのBootですので、本日のはちょっとしたベンチテストだけです。海外に一応Bootしたという書き込みはあるのですが、なかなかむつかしいです。
あと、今回のRAID OですがPCIexスロットを2つ(X8, X16の)使うのでもったいないです。一応複数枚のNVMe用のカードってのもでていますので、そのうち入手してみましょう。

Sumsung 960 EVO NVMe SSD を HP Z820 に 入れてみました ① ベンチ中にPCが落ちました。

イメージ
NVMe SSDの導入をして、テストを始めたところ、速度が遅いと思って使っていると
いきなりPCがシャットダウン(停電の感じ)それと、異臭!!


USB 3.1 Gen2 は 現時点では HUBを待つより 2枚刺し

イメージ
さて、USB3.1 Gen2のHubがないといっていましたが、よく考えるとPCIexスロットさえあれば2枚いれればよいだけの話だったのです。前回紹介していた Startech PEXUSB311AC2 を2枚いれてみました。


あっさりと2枚のカードを認識しました。間にNVMeのM2. SSDカードを挟んで2枚ささっていいます。両方ともSATA電源必要です。

どうもUSB 3.1 Gen2はケーブルの状態の影響を受けるようで、どうするのが良いかまだ検討中ですが、HUBが無く、カードが安い現状では2枚刺すのが一番良いようです。
それに、前回少し書きましたように、USB3.0のHUBも問題なく動作します。 さらに、HDD等もこれまで使用していた、NECチップのUSB3.0カードより速いので、そのカードを抜いて今回2枚刺しとしました。
内部3.0ポートを、Type Aにするコネクターも届いてテスト中ですが、背面ポート直結よりは少し遅くなる様子です。
USB 3.1 Gen2のHUBのその後ですが、VIAのサイトでみるとUSB 3.1 Gen2のチップはPD対応のものと2種類出ているようですが、残念ながら商品はまだみつけらられていません。