Sonoff Wifiで、ESP_0が出ないときの解決法

Home IOTでよく出てくる、Sonoffですが、今回導入したAlexa Echo Plusで、タブレット制御ではコントロールできるのですが、音声ではできない。どうもデバイス名が上手く認識できないようです。

それに、Sonoffは毎回中華サーバーまで認証にいくので、これもちょっと気持ちよくないので、以前から気になっていた ESP easyに書き換えをおこなってみました。

で、大問題が発生。

ESP_0のSSIDが出ません!

書き換え作業は

SonoffをHomekit(homebridge)に対応させる。

に従って行いました。

USB-COMは、PL-2303HXと、CP2012の両方を準備(CH340Gも準備しましたが、3.3Vにジャンパーが入っていたので使用せず。)

PL-2303はWindows10では新しいバージョンしか動かないので、Code 10エラーが
でるときは、ここを参考にしてください。

写真は、右からCP2012,CH340G,PL-2303です。



で、まずは、Sonoffにピンヘッダーを半田付けです。今回手で押さえながら行いましたが、YouTubeでみていると粘土でピンヘッダーを押えて半田付けしている例がありました。こうしたほうが簡単ですね。
https://youtu.be/fN_QKOWvG1s
4:30前後です。


で、もとのHP通りにESP easyの書き換えを行ったのですが、

無事おこなえて、USBを抜き差ししたのですが。。。。

ESP_0のSSIDが出ません!

調べてみるといくつか解決法がありました。

で、Arduino IDEを使ってやる方法が紹介されており、

ターゲットを入れてやる必要があります。最初からはESP8266はないので、
から入れてやる必要があります。
で、ライブラリをCopyして、ESP easyをコンパイルしたのですが、エラーが発生。


Servoのライブラリが重複しているということ。片方づつのこしてやってみたところ、
標準ライブラリでは、サポートしていないとのエラー


従ってesp8266のほうのServoで良いのですが、まだエラーが出ます。


IDEのバージョンの違いか、ESP8266様のライブラリの違いかのどちらかだと思われますが、コードを修正したり、IDEを入れ替えたりするのも面倒なので、Youtueのコメントのなかに、

esptool.py --port /dev/ttyUSB0 (USB0 for example) --baud 115200 write_flash -fm dout -fs 8m 0x00000 ESPEasy_R120_1024.bin

でできるというのがありました。

まずは、Windows 版の Phyton 3.6.4 x64をインストール(インストール時のPATHはONにしています。)
つぎに、コマンドプロンプトから

c:\>pip install esptool
をタイブすると、自動的にインストール

WindowsなのでCOMポートの指定が異なりますが、ESPEasy_R120_1024.binがある
ディレクトリーに行って

esptool.py --port COM5 --baud 115200 write_flash -fm dout -fs 8m 0x00000 ESPEasy_R120_1024.bin




最後にリセットがかかっていますが、これは有効ではないようで、やはり
USBを一度抜いて再度入れてやる必要があるようです。

ようやく esp_0にたどり着けました。







コメント

このブログの人気の投稿

Windows 10 1803 アップデートでまた指紋認証がダメになって、修復成功

ASMediaのASM1351を使ったUSB3.1 gen2(10Gbps)ケースのファームウェアアップデート