Sumsung 960 EVO NVMe SSD を入れてみました ② RAID 0 動作

NVMeのアダプターカードは気を付けないとダメというのが前回の教訓です。




で、2枚いれてWin 10 のストライプボリュームにしてみました。





さすがに速いです。
ただ、1枚だけの1.5倍程度にしかなっていません。もうすこし伸びてほしいところ。

ただこのOS RAIDの場合にはCPUを使うのでCPU負荷をかけるとどうしても遅くなります。Prime95で100% CPU負荷をかけるとここまで落ちますが、十分はやいですね。




ちなみに、単体での場合は
負荷前

100%負荷中

というとおり、低下は僅かです。それ以上にRAID 0の負荷時より速い!
まあ、Seq以外はRAID 0にする意味がないという結果です。
RAID0にするくらいなら、2T のNVMeを入手するほうがよさそうです。

2枚のNVMeを同時にBenchした場合。



4Kのランダムがほぼ半分づつになりました。PCIexのスロットを同時に
使っているためだと思います。ちょっと残念な数字ですね。このあたりからも
RAID0が期待したほど早くないっていうことなのでしょう。


ついでに、このシステムでの最速のベンチ結果ですが、ROG RAMDisk 2.03.00
で作ったRAMDISKです。
ただし、RamD32G サイズですので、8Gでベンチとっています。


これもCPU負荷をかけるとかなり低下します。


おおよそ、1/3に低下しています。
といっても、このCPU数をすべて100%使い切ることはないので、
これで十分速いですけどね。

まあ、NVMeは、スロット消費の問題もあるので、とりあえずはSingleでの
運用が良さそうです。

もともと、NVMeを買った本来の目的はNVMeからのBootですので、本日のはちょっとしたベンチテストだけです。海外に一応Bootしたという書き込みはあるのですが、なかなかむつかしいです。
あと、今回のRAID OですがPCIexスロットを2つ(X8, X16の)使うのでもったいないです。一応複数枚のNVMe用のカードってのもでていますので、そのうち入手してみましょう。

コメント

このブログの人気の投稿

Windows 10 1803 アップデートでまた指紋認証がダメになって、修復成功

ASMediaのASM1351を使ったUSB3.1 gen2(10Gbps)ケースのファームウェアアップデート