USB 3.1 Gen2 10G 対応 PCIex Cardを探す。

さて、USB 3.1の話がでたので、残念ながら手持ちのPCでは、3.1 Gen2対応ポートがないので、PCIexの拡張カードの話です。現状販売されているのは、ASM1142チップベースのカードが大半ですが、このコントローラはの接続バスはPCIex Gen3x1 (1GB/sec (≒ 8Gbps) )なので、2portでの10Gbpsは出ません!

ただし現実には、10G帯域を要求するのは、SSDのRAID位なのでこれまでのUSB3.0でもあまり問題がないというのが実際の様です。(そのためか、Type Cケーブルはスマホ関係から普及してきたものの、Gen2対応デバイスはまだまだ少数です。)
また、USB PD廻りの問題もPCIexの拡張カードのType C端子では対応しておらず、900mA程度のUSB3.0相当という給電状況の様なので、PDは専用ACアダプター頼みっていうことになっています。

現状販売されているUSB3.1 Gen2対応カードでは、内部ポート用のピンヘッダーがついているものも無い様子
内部コネクター付きのPCIex USB 3.1 Gen2カードありました。

残念ながらこれもASM1142を使っています。ただコネクターは従来の3.0の19pinの様です。一応、3.1 Gen2は3.0のケーブルで動作することになっているのですが、どうもケーブル問題があるようです。

Type Cのフロントベイも販売されていますが、こちらはどうやらTypeC端子からケーブルで直結するタイプ。

こちらは、内部にHubが入っているタイブですが、HubコントローラがGL3520というGen0のチップなのでGen2 10Gではなくなってしまいす。

また、2ポート同時に10Gが欲しい場合にPCIブリッジを用いてASM1142を2台搭載しているカード PEXUSB314A2V があります。

ヒートシンク下にPCIブリッジチップが隠れていると思われます。その前にASM1142が2個並んでいます。
一時期これを買おうかと検討していたのですが、内部ピンがないために、フロントに廻すのに面倒な事、次世代のASM2142, 3142まで発表されていることから、新しいチップ採用のものが発売になるのを待っていました。現時点では3124はマザーボード搭載までで2142のチップ採用のカードは日本のアマゾンでも入手可能になってきました。
アマゾンでASM2142として検索すると、Ableconn PU31-2C-2 USB 3.1 Gen 2 (10 Gbps) 2ポートが出てきます。

ただこれ\5100と高いので、もう少し調べてみました。
先ほどのStartechのサイトでASM2142と検索すると、4種類のカードがすでに販売になっています。尚、ASM2142はPCIex Gen3 x2をサポートしていますので、10Gpbsのポートを2つ同時に使うことが可能です。

このメーカーはほぼ日本アマゾンでも入手可能なので、型番で検索していきます。

個人的には、一番したのeSATA兼用カードも興味はあるのですが、せっかくASM2142を使っているのに、3.1 Gen2ポートが1つしかないこと、eSATAも今更感があることから、結局、セールになっている StartechのASM2142カード PEXUSB311AC2 購入してみました。

スタイルとしては、Type A Port x1, Type C Port x1の最も標準的なスタイルのカードです。


ただ、これ買った後に600円ほど値上がりして、現在は 2410(18/2/11) になっています。

次回このカードをレビューしていきます。




コメント

このブログの人気の投稿

Windows 10 1803 アップデートでまた指紋認証がダメになって、修復成功

ASMediaのASM1351を使ったUSB3.1 gen2(10Gbps)ケースのファームウェアアップデート