IndiegogoのMini PC たぶんCPUアップグレードになりそう。



少しまえに、Mini PCからメールが来ました。fungingが$1,000,000≒1億を超えるとCPUとメモリアップグレードがあるという。そら1億あればできるでしょう。

いま、公式サイトからは M3-7Y30になるっていうのは消えていますが、COMENTではまだM3-7Y30だって書いてますね。

一部の人が、熱の問題とかバッテリーの持ちの問題を十分テストしているのかっていう書き込みがあったせいかと思います。個人的にはメインメモリが16Gになればかなり使えるとおもいます。それにCPU性能もだいぶ違うようです。

Intel Core m3 7Y30 vs. Intel Atom x7-Z8750


まあ、クロックとかコア数が違うのが出ている感じですね。X7のほうは、4コアなのでその分マルチコアの高架が出やすい。それでもm3には追い付かないです。Cinebenchほどマルチコアの効果がでるアプリもないので、基本Singe-Coreの比較が適当なところ。なので、GPUも含め約2倍の性能(メモリも2倍だし)って感じですね。

実際、Atomは使えるけど、使っているとやっぱし詰まる感じがあるんですよね。複数のアプリやChoromeでウインドウを沢山開けると。なので、m3になっていると十分外部モニターを使ってのPCとして使えそうです。

で、いまの集まり具合がすでに、$963,181なので数日中に$1,000,000に行くでしょう。
Super Early Bardのプランはどんどん増やされて今や3000台までいけることになっている。最初は500台位だったからすでに6倍


でも、2台パックのほうが割引率はよいのですよね。
ってところで、私も2台にするかどうするかとっても考え中です。

どうも、一度キャンセルしてから、再度Foundする必要があるようなので、再申し込みだと遅くなるんじゃないかなとも思っているのですが。。。。
それに、オプションのSSDとかも倍必要になりますからねぇ。。。。


コメント

このブログの人気の投稿

Windows 10 1803 アップデートでまた指紋認証がダメになって、修復成功

ASMediaのASM1351を使ったUSB3.1 gen2(10Gbps)ケースのファームウェアアップデート