IndiegogoのMini PC オーダー

一部で話題になっている、1万5千円のmini PCオーダーしました。一応Type-Cポート付きです。Indiegogoのクラウドファンディングなので、9月頃の到着ですが。

The World's Most Powerful Pocket-Sized PC
https://www.indiegogo.com/projects/the-world-s-most-powerful-pocket-sized-pc#/


すでに、$130のコースは一杯、私が注文しときは$149のコースです。
台数は215/512位だったのですが、どうも調子が良いからSUPER EARL BIRDの
枠を広げたようですね。(その記念で指紋リーダがおまけで付くようです)


まあ、2016に話題になったGOLE1の正常進化版ですね。尚、GOLE1は買ってません!
これの良いところは、インターフェイスが標準サイズのものが豊富にあるってところですね。スペック詳細は次の通り。

CPUもIntel Atom X7-Z8750で、メモリも8GB、SSDなので画面サイズ以外は問題なくどこでも使用できるでしょう。液晶の質が判りませんが、標準サイズのSDカードも入ればDSLRと持ち歩くのに良いのですが、最近はDSLR側もUHS-IIなんかになってきているので、それ対応のカードリーダが必要なので、まあUSB3.0とTypeCがあればよいでしょう。

で、このTypeCの仕様が記載されていないので、質問してみたところ、PD対応でなくデバイス接続のみであるとの返事でした。3.1 Gen2対応かとの質問もしたのですが、それに対しては返事がなし。ってことは基本は違うってことでしょう。5Gbps接続のポートが2つあると思えば間違いないと思います。一応、X7-Z8750でサポートしているのはUSB3.0 x 3ポートなので、恐らくUSB 2.0はそこからHUBチップ経由で3つだし、USB3.0ポートとUSB-Cポートは3.0への直結ってことになっているのだと思います。

また、ACアダプターのinputは5Vなので、モバイルバッテリーとケーブルがあれば充電可能かとおもいますが、一応6000mAhで6時間ですし、バッテリー交換可能とのことなのでそれほそモバイルバッテリーのお世話になることもないかと思います。
本体の背面はまだ決まってないのか(バッテリ―の交換機構など)、ビデオに一部が映るくらいで写真は出ていないようです。

オプション品のなかでなにげに安いのがSSDの大容量化です。価格表は次の通りですが、


なにげに、512G SSDへのアップグレードが$50なんですよね。
そういや、ACアダプターのサイズとかの記載がないですね。

本体価格 $149には、おまけのケースやキーボードが一通り付いてきます。
あと、USBの指紋リーダもおまけになりました。

GOLE1との比較は

“GOLE1″クローン! Indiegogoに5インチ液晶のポケットPC「Mini PC」が登場

が詳しいです。
GOLE1もあとでGOLE1 Plusになるのですがこれは8inになっています。

GOLE 1 Plus ー あのGOLE 1が8インチサイズに!意外に持ちやすいし ...


もちろん、5inは小さいし、厚さは16mmあるのでポケットにはちょっと入りにくい。
キーボードはついてくるけどトラックポイントがないので、画面タッチになる。
とか欠点はあるんだどね。
そこらのスマホ2枚の大きさと思えば、フルのWin10が走って512Gのストレージが
あると思えばやっぱし買うしかないってところで。

ゲーム用のコントローラ以外のセット、つまり、512G SSD, Android 7.1, Ext. Betteryをオーダーしてしまいました。それでも$224+$10 shpping  = 2.5万弱 なので。。。
うん、1.5万というよりは倍近くなっている。。。。

まあ、GOLE1とGPD Pocketの良いところを足して2で割ったような感じかな。
GPD Pocketは今$500位するから、それを考えると十分安いか。

その他記事

 この価格このサイズでこのスペック実現してくるとかヤバいでしょ…。

コメント

このブログの人気の投稿

Windows 10 1803 アップデートでまた指紋認証がダメになって、修復成功

ASMediaのASM1351を使ったUSB3.1 gen2(10Gbps)ケースのファームウェアアップデート