Genymotionの引越とAlexaのスマートホームデバイスについて

Genymotionの引越についてはすでに

Genymotionのお引越し

に詳しく掛かれています。

現所のWin10 + Oracle VM VirtualBox 5.2.18 + Genymotion 2.12.2の環境でもほぼ同じでやり方でできました。

また、別のマシンへの複製もほぼ同じ方法で可能です。

LineなどSIMがないと動作しないアプリ以外はかなり動作します。
Amazonアプリストアから辞書などのインストールも可能です。

最近使っているのはAlexaの設定用

まだ、Web版のAlexaだと、デバイスのところが整理されませんが、android版だと整理されています。


更に、照明のコントロールがWeb版では全くできませんが、Andorod版では


と、一応のコントロールができます。

最近、
エンターテイメントデバイス向けスマートホームスキルの API が日本語環境でも使えるようになりました
ができるようになりましたが、

まだ、エンターテイメントスキルに対応したHUB(赤外リモコン)で登録したテレビのデバイスをクリックしても




だけで操作はできません。

照明については、一部メーカーのHUB(赤外リモコン)で操作が可能になっています。

コメント

このブログの人気の投稿

Windows 10 1803 アップデートでまた指紋認証がダメになって、修復成功

ASMediaのASM1351を使ったUSB3.1 gen2(10Gbps)ケースのファームウェアアップデート

40KWリーフのリプロ (バッテリー高温時の充電速度対策)