Lumix GH3 イベント@グランドプリンス新高輪




Lumix GH3のイベント、朝から出かけてきました。
このあとMaker Faire Tokyoにも行くのであまり時間がとれませんでしたが。


新高輪グランドプリンスでの開催ですが、昔に比べるとちょっとこじんまりしたサイズでのイベントです。やはり大きな部屋では無理ってことでしょうか。
今回内部の写真は撮影していないのですが、入口横と中央にモデルさん撮影スペース。奥に20-30人位でのイベントの中心であるカメラマンによる説明スペース。残りの長手の壁に沿って、説明員と体験スペース。もう一方の長手の壁でプロの写真家の写真をA0くらいに引き伸ばしたものを展示していました。

さて、WiFiコネクションのチェックです。

Lumix Linkのバージョンは2.1betaだそうです。ライブビューは残念ながらVGAとのこと。

一応、Sonyと違い、カメラの一通りの操作は出来そうです。色温度もある程度弄れる様子。
もちろん、フォーカスもOK。(但し、カメラ側でMFに切り替える必要があります。)
パワーズームシリーズはズームの電動も可能。

クラウドとの連携は直接FBなどに送れるのではなく、パナのサービスに上げてからの転送となるようです。

うーん。まだ自分で使っていないから不明なところもあるけど、EOSには負けている感じです。
それにPC WiFiは用意していない様子。

もうちょっと頑張れ!

それと技術者の方といろいろの話をしました。

まず、WBについて、リコーでは画面分割してのWBをするモードがあるんだそうです。やりたいそうなんですが、現状はまだ。たしかにヒトの目を考えると領域毎に記憶色と共にその領域での反射光で色を認識するため、ある種のHDR的な感じの絵になり見やすくなると思います。

あと、丁度1cm角のカラーチャートをもっていっていたのですが、WBだけでなくカラーバランスをとる必要があるという話をしてきました。そのうち実現されるかもです。

レンズについてもいろいろ話てきました。激安だけど◎のレンズがあるっていういい話も聞いてきました。これについてはまた後日記載します。

モデルさんの写真のデータは貰えず、プリントアウトのみ(エプソンさんの協賛だそうです。)


で、もう発売間近なのに、相変わらずカタログはA4一枚もののみ。
いまどきカタログに金をかけても仕方がないとはいうものの、ちょっとフラッグシップとしては
残念な感じです。
あと専用ストロボについて聞いてくるの忘れたのでまた次回に聞いてきたいと思います。


出口の、抽選でなんとGH3使用のプロ写真家の作品集が当たりました。ラッキー!

お持ち帰り写真追加しました。


右から、カタログの入っていたクリア?ファイル、上 写真集、下 テスト撮影したモデルさんのプリント出力、未だに1枚ペラのカタログ、その上がレンズカタログです。

ついでに、ちょこっと検索。


『Panasonic LUMIX GH3 デビュー・イベント』に行ってきました。














コメント

このブログの人気の投稿

Windows 10 1803 アップデートでまた指紋認証がダメになって、修復成功

ASMediaのASM1351を使ったUSB3.1 gen2(10Gbps)ケースのファームウェアアップデート