Leaf 2016

まあ、今年の初めから出る出るっていわれていたのがようやく11/8の東京モーターショーで国内お披露目。

でも納車は、年内ぎりぎりか来年からって話らしい。

280Kmといっているけど、実際には、USスペックの180Km程度とおもったほうが良さそうです。プリウスもそうだけど、日本の燃費計測法はあまりに甘すぎるのでちょっとどうかと思う。

なんで、同じ車がUSとEUと日本で相当燃費が違うのかは、昔は排ガス規制(今もVW問題もあるけど)でパワーが違うからって説明されてきたけど、プリウスは普通にのるとJC08の大体半分ってのが実際の感想らしい。

Leafの今回のも、まだ今年の前半ならかなり競争力があったと思いますが、新型プリウスが出た今競争力としてはちょっと低いかなとおもいます。補助金が30KWモデルが大きいのはうれしいですが。

モーターは変更なしで、エアロスタイルのみECUが変更になっていらしいですね。単に立ち上がりのカーブとアクセルのレスポンスが違うだけで、色々話題になっている180SXとのCMのようにはいかないはずです。多分、信号からの立ち上がりだけはLeafのほうが速いと思いますが、最高速は140Kmくらいですし、それで巡行すると多分160Km程度しか走らないんじゃないかな?

って文句はいっていますが、基本、電気自動車も好きです。
テスラも何度か乗りました。Model Sの加速は、さすがにすごいですね。
それに噂ではModel 3のCD値が市販車最高になるという話もあるし。

電気自動車は、重量やCD値がガソリン以上に効いてきます。
ガソリン車は使うと重量が軽くなりますが、バッテリーは最後まで重量不変です。ガソリン車の燃費を測るときは空までして測るとずいぶん伸びます。



コメント

このブログの人気の投稿

Windows 10 1803 アップデートでまた指紋認証がダメになって、修復成功

ASMediaのASM1351を使ったUSB3.1 gen2(10Gbps)ケースのファームウェアアップデート