BenQ treVolo (10)

前の2つの記事は書き溜めていて公開にしていなかったので、少し変かもしれませんが。
とりあえず公開しました。重複などありましたら済みません。


で、BT接続の続きです。このスピーカーせっかくのAPT-X接続が可能なので、APT-Xが可能なトランスミッターを買ってみました。



【第2世代】Inateck Bluetoothワイヤレスオーディオトランスミッター Bluetooth受信機+送信機 1対2接続可能 BR1003





このBTアダプターはレシーバー・トランスミッターの両機能があります。で、トランスミッター時にはBTスピーカー/ヘッドホンを2台まで接続可能

あと、APT-Xはトランスミッター時のみで、レシーバーモードはAPT-X非対応の様です。

まあ中身は、CSR8670チップ なんですけどね。

で、今回の様な使い方(ステレオのtreVoloをモノラルで使う)には、これが2台必要です。
それで、各トランスミッターの入力に、予めモノラル化した信号(BenQ treVolo (6))をいれてやります。

ちょっと面倒ですが、各BTトランスミッターとtreVoloを其々リンクさせます。これで、2台のスピーカーをケーブルなしに自由に設置することができます。

これで、treVoloS と同じことができそうです。

スピーカーのセッティングが自由なのは非常にありがたいですね。壁面反射の丁度良い場所や座っている場所に対する立体感の調整にも便利。


専用スタンドでもあればもっと自由にできそうです。


コメント

このブログの人気の投稿