ピクセラ PIX-43VP100 レビュー (23) 新型発表 VM100シリーズ

Impress Watchからの受け売りになりますが、新型のVM100シリーズが発表されました。


PIXELA、新4Kチューナ内蔵で69,800円の40型TV、発売記念で47,800円。50型も

ニュースリリース


違いはサイズと、VM100シリーズは液晶パネルのローカルディミングを省いている。

との事、業界最小と謳っているので、パネルサイズの小型化とともに狭額化が進んだのでしょう。写真では脚が細くなっている点も強調されていますね。

ローカルディミングとは、LEDのバックライトをエリア駆動することで液晶TVのコントラスト、ダイナミックレンジを広げる方法です。これをを省いたということなので、パネルの変更(一応VA方式は同じ)と相まって画質は変わってくるとは思いますが、現状のVP100でもそこまで効いているかはちょっと疑問。
比較するとプラズマほどは黒の締まりは良くないので、液晶TVの傾向は残っていると思います。

それでも、放送に応じたHDRは効いているようです。ただ、民放のBSとBS4Kで同じ番組なので判りますが、4Kの場合輝度調整しないと見難い場合も発生しています。

このあたり、ソース(番組の種類)及び、外光に応じた調整が無いので、結局手動での設定となっています。
もちろん、手動なので自分の好みに合わせた調整となりますが、ちょっとだけ面倒かな。

このあたり、ソース種別(映画とかニュースとかスポーツ)をAIで判別(番組情報から十分判別できると思う)して、プリセットを割り振る程度の機能はほしいかな。
あと、輝度調整用の外光センサーをUSBなり、リモコンに内蔵するなりすればよいのでしょうが。
別売リモコンでなく、ソニーのようにアプリリモコンを作って、そうすればスマホの外光センサーが使えるので十分ありだと思うのですけどね。
(アプリリモコンには、録画再生ボタンもつけて欲しいですけどね。)

まあ、これで、4KチューナーとVP100、VM100という、同じチューナ部を持つシステムが出てきたのでAndroid TVとしてのコア部分がもっと改良されて行くことが期待できますね。

メーカーに問い合わせ中ですが、今回のメーカーサイト内にある
Android TV™ならGoogle アシスタントに話しかけるだけで入力は簡単。見たい動画やアプリがすぐ見つかります。」
これが、今一ちゃんと動作していません。すぐYouTubeから探してきて、Xit(TVアプリ)での番組情報から探してくれないのですよね。
もっとも、上の文章の中にはどこにも、地デジやBS, BS4Kから探すとは書かれていないですが、問い合わせたところ番組情報から探すらしいのですが、現状、番組表をだしておいて、そこにある番組のタイトルを読んでも、YouTubeでの結果になっています。

コメント

このブログの人気の投稿

Windows 10 1803 アップデートでまた指紋認証がダメになって、修復成功

ASMediaのASM1351を使ったUSB3.1 gen2(10Gbps)ケースのファームウェアアップデート

ピクセラ PIX-43VP100 レビュー (5) Android TVで、Prime Videoはできるのか?