Gadmei T883 (1)

中華Padで有名なGADMEIから3D版が販売されていた。

すでに、以前からT863-3Dってのがあったようだけど、それの新型?(どこが変わったか今一つ不明)がT883である。すでに、国内に入手した人もちらほらいるようだ。




内蔵カメラがステレオでないのが残念、でもICSだし、USBホストモードが使えるようなので誰かが作ってくれたらUSBカメラ2台でステレオってのができるかもしれない。そうしたらステレオベースも自在だから大きな画面と相まって結構便利なカメラになるかもしれないね。(バスパワーが足りないか。)

価格としては2万ほど、ディスプレーはThe new iPadとは比べられもしない程度。
CPUもシングルコアらしく大したことはなさそう。って書き並べると購入意欲は下がるけど、
でも、唯一の3Dで、あのアプリの大家も入手済み。

モニターが良ければ、EOSのリモートコントロール用のAndroidアプリを入れるところなんだが。



そうこういっているうちに、ROVER416T氏からのTweetがあった。


【GADMEI T883-3D】来た来た。ファーストインプレッションは「これ、RGB横配列のまま視差バリア被せている」と思う。角度を少しずらしただけでR,G,Bと色目が変わるね。初期の視差バリアモニタって感じ。Rock Vision 3DなどはRGB縦配列の専用2Dモニター。

【GADMEI T883-3Dまとめ】値段は安くバッテリー容量が大きく、ファーム書き換えでフツーのアンドロイド・タブとして使えるけど、3D性能はオマケ程度で10年前の性能。逆に言えば、RGB縦配列のベースパネルを使えばこのサイズでも十分使える裸眼3Dタブができると言うこと。


すこし残念系かもしれない。でも、買ってしまいそう。

追記:
2012/04/04 オーダーしていまった。

コメント

このブログの人気の投稿

Windows 10 1803 アップデートでまた指紋認証がダメになって、修復成功

ASMediaのASM1351を使ったUSB3.1 gen2(10Gbps)ケースのファームウェアアップデート

40KWリーフのリプロ (バッテリー高温時の充電速度対策)