OTG ってなんだ? (スマホでカードリーダー & AirStash)

GADMEI T883-3D Tablet のサイトでほかに買うもの探していると、USBメモリで、OTGって書いてあるのがあった。ここでも商品にはふれているが、ちょっと間違っていて、OTGであることが大事。





USB On-The-Goのことで、まあ一部のアンドロイド端末でUSBホストモードになれるやつで、カードリーダなどが直接つながるもののこと。Wikipediaには速度が出ないとあるが、前述のUSB 3-in-1 Flash Driveも、サンワサプライからでたアンドロイド対応カードリーダも速度低下することが記載されていないので一応USB2.0相当で動作するのだと思う。USBホストモードってのはCPUホストがある場合にいうのでOn The Go っていうのは必ずしも正しくない気がする。あとで述べるが、たとえばBDプレーヤー等ではそういっても差し支えないと思うが。

スマホ用カードリーダをリストアップしてみる。

最初は、この記事を書く原因となった USB 3-in-1 Flash Drive 
正しくはnoosy smartphone u-diskという商品だった。



色がいろいろあるが、今回見つけたサイトでは黒のみ。他のサイトでは、といった感じ。今回のサイトは送料は安いがちょっと高めかもしれない。

多分ICSになって、USBホストモードが使えるようになったら、今後各社から出てくるのだと思う。何故か、単なるマイクロSDカードリーダでなく、4Gのメモリも内蔵しているというのが特徴。まあ初物でちょっと価格が高めってところかな。今回探したなかでは日本で扱っているところはなかった。



アンドロイド対応カードリーダー ADR-GSDUBK  (サンワサプライ扱い)


Android対応カードリーダー ホワイト 400-GADR002W (サンワダイレクト扱い)




同一の商品の色違い。単なるカードリーダでなくUSB Bポートと給電用マイクロUSBポートがある。給電することにより、HDDも繋げられる。
本体への給電を期待する向きも多いだろうが、マニュアルには
※USB給電ケーブルでスマートフォンやタブレットPCを充電することはできません。
と明記されている。(実機がどうかは知らないが。)


なんといっても、普通のUSBとカードリーダが同時に使えるのがポイントだけど、この価格ほどなのかなと思ってしまう。




ELECOM スマートフォン/タブレットPC用メモリカードリーダー ブラック MRS-MB01BK


通常のカードリーダにマイクロUSBコネクタを付けたもの


iBUFFALO Android対応カードリーダー/ライター MicroB変換コネクタ付 ブラック Black 黒 2倍速 USB2.0バスパワー BSCRUM02U2BK 


iBUFFALO Android対応カードリーダー/ライター MicroB変換コネクタ付 ホワイト White 白 2倍速 USB2.0バスパワー BSCRUM02U2WH



単純に、変換ケーブル同梱な商品だけど、これが一番よいのかも、すでに販売価格は、900円を切り始めている。変換ケーブルも下手に買うと500円以上することもあるのでこれは結構安心かもしれない。なにげにSDXC対応している。


maxell AirStash Wi-Fi SDメモリーカードリーダー MAS-A02A 


Androido用というよりは、iPhone/iPad用につくられた、簡易サーバー型カードリーダー
実は、WebDABになっている。ちょっとまえに、店頭で見かけて気になっていた商品、今回はUSB Hostしても使いたいので違うが、もっと安ければ買っていたもの。

日立マクセルのAirStash使ってみる

が詳しい。ここにも書いてあるけど、本当はこちらの商品の2代目。


追記:ASCII.jpにも記事がでた


最大8台のiPhoneとファイル共有できる「AirStash」を衝動買い


でも、ひとつだけ読むなら、最初のやつが一番痒いところが判る。
ただ、この種のを使ったことがない人はASCIIの記事のほうが判りやすいかも。







コメント

このブログの人気の投稿

Windows 10 1803 アップデートでまた指紋認証がダメになって、修復成功

ASMediaのASM1351を使ったUSB3.1 gen2(10Gbps)ケースのファームウェアアップデート

40KWリーフのリプロ (バッテリー高温時の充電速度対策)