docomo ARROWSTab LTE (2) 2重課金回避 続き

ドコモショップで、確認させてダメだった。
この項目による2重課金については、総合カタログにも記載してある項目です。
Xiデータ通信の下の小さい字であります。

ついでに、こちらにも同じ様なことが記載されていますが、
注意喚起だけで、実際に回避できたってことではなさそう。



で、ドコモショップのお兄さんの知恵は、

1) もとの販売店に行って、契約をパケホーダイダブルにしてもらう。
2) 151にかけて、2重課金を回避すべくもうすこし粘る。

との話。パケホーダイダブルなら、日割りになるので当月内でデータフラットに変更しても、その日までの日割り料金がかかるだけで問題なし。(大体一日80円くらい)
ただ、契約がミスっていたというクーリングオフみたいなのでやらないといけないのでできないことはないが難しいかも。(これは、契約店でごねるっていう方法、ただし、今回のARROWS Tabについては今日からフラットが指定だったので無理。Noteのほうは可能だった)

まあ、ダメ元で151に電話

例によってつながるまで5分以上待たされた。

で、2重課金になるという事情と、ドコモに記載されている前月に遡っての計算が可能である項目の適用が可能であるかの確認。ついでに、ほかの回線は息子名義なので本人たちに同じことを言わせて、父が代行できることを承認させる。

オペレータの方は、そのままでは2重課金になってしまうこと、確かに2重課金を再計算申込みにより可能である可能性があることを確認。で、ちゃんと調べますとのことで、あちらからの電話待ち、約1時間。

返事は、OK 2重課金回避!!

ただし、この回線契約において、再度音声フラットなどに変更やパケットのない契約になってしまって青天井になったときには再計算はしませんがよろしいですかの確認。もちろん、無問題。
ほかには、どこで聞いたか、どこのDSでの話かなどかなり詳しく聞かれました。

ただし、計算が間に合わないので再来月の請求時になる可能性があります。
また、この回線105円/月になってしまっているので、4410円の2重課金分がなくなるまで
割って請求になるので、良く考えて使わないといけません。(2年では返金しきれない。)

また、ほかの回線と分け合うこともできませんし、音声通話ができないのでそれで計算することも
できません。

ってところで、回避できたものの、2重課金を返してもらうのが簡単にはいかないというのが落ちです。まあ、適当なオプションをつけておくか(これは大丈夫)、マーケットの課金に使うのはできる?(要調査)なので、なんとかこれからDSとも仲良くなったしやっていこうと思います。

いずれにせよ、Xiで、MNPした音声回線をデータ専用にする場合は要注意です。これに関してはこのページの最初に引いたリンクが詳しいので良くよんでください。



コメント

このブログの人気の投稿

Windows 10 1803 アップデートでまた指紋認証がダメになって、修復成功

ASMediaのASM1351を使ったUSB3.1 gen2(10Gbps)ケースのファームウェアアップデート

40KWリーフのリプロ (バッテリー高温時の充電速度対策)