プリウスPHV 10days試乗モニターキャンペーン

プリウスPHV 10days試乗モニターキャンペーンをやっているので、とりあえず申し込んでみた。


いろいろ調べるとPHVは苦戦しているらしい。いま一番売れているのはプリウスαとのこと。
結局、総コストで考えるとPHVを買う意味が今一はっきりしないからだと思う。それに、デザインも通常プリウスのままだし、家庭用電池として使うには電池が小さすぎる。
先日、日産のLeafのタクシーをみたが、それ系のブログでは冬場は下手すると50Km程度しか走らないという。これはヒータの問題。ユーザーだとわざわざストーブをいれている人もいるらしい。まあ120Km位は期待値としてあるが、あちこち読むとなかなかそこまでいくかどうかだ。職場で盗電でもできればいいのだろうが、日中日産にいって充電することもなかなか面倒。
それを考えるとPHVが良いのだが、これ電池として考えるとかなりLeafに比べてかなり少ない量しか搭載していない(たしか1/8程度)。せめて半分、日産のCMではないが、1日分の家庭電力というのならまだいいが、家庭用電池としては殆ど無意味。(もしかしたら、ガソリンで発電ってのもありかもしれないが、これはこれで全然エコではないからね。)


追記:上新のカタログで車のバッテリリストがあったのであげておく


ちなみに、テスラSの大容量モデルは85Kwh
ただし、US仕様では電気を取り出すことができない!!!!
国内仕様(来年納車も)、電気は取り出せない予定(現状)
これはもったいないので、みんなテスラに文句を言いましょ


どの車がいいのかまったくわからない、テスラSにいってもいいのだが、予約金だけでLeafが購入できるとなるとちょっと気が引ける上に、現状 Chademo対応でないので、急速充電ができない。テスラも家庭用電池に使えるかまだまだ不明。


初物が嫌いではないけれども、今一つプッシュに欠ける気がしてしまう。だいたいQ車にのっているのでそんなことをいっても仕方がないのだが。


追記:
プリウスPHVで1000キロ走ってみた

コメント

このブログの人気の投稿

Windows 10 1803 アップデートでまた指紋認証がダメになって、修復成功